電気工事内容その1

電気工事内容その1

今回は、電気の制御回路の一例のご説明を致します。
こちらは、シーケンス回路というもので、日常どこにでも潜んでいる
電気を制御するものになります。
皆さんが普段何気なくご使用されているものにもたくさんあります。

思い当たりますか?

例えば、洗濯機です。水が注水され、ドラムが回転され、脱水もすれば
乾燥までできたり・・・
あとは、自動販売機。お金を入れ、ボタンが点灯し、押せば商品が出て、
おつりも出たり・・・

他にもまだまだ事例はありますが、
これらは全てシーケンスという電気を制御することにより
要望を叶えることができます。
当社もこういった回路を組んだり、それを変更したりと、
業務の一環で行っております。

下記写真はスターデルタ結線という、モーターの始動回路の一例です。
モーターは始めに回転させる時、自転車を漕ぐのと同様、始動時に通常の
5~8倍使用します。
この回路を組むことにより、その電気を1/3に減らせられるということです。

こういったご相談も承っておりますので、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

和歌山の電気工事、設計、管理、リノベーションなら竹中電気を
何卒よろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
ページのトップへ